メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

冷戦終結30年/消費税率上げ/報道・芸術の自由

炎を上げる装甲車の列を見つめる市民ら=北京・復興門内大街で1989年6月4日、浜名晋一撮影

 今年は冷戦終結から30年、第一次世界大戦後の世界秩序を決定したパリ講和会議から100年。吉田徹氏はこうした世界史の大きな流れの中に現在の中国を位置づけ、国際社会のあり方を展望した。井手英策氏は消費税率引き上げ後の課題を指摘、石原俊氏は報道や芸術、学術の自由が脅かされている現状に警鐘を鳴らした。

 ◆冷戦終結30年

この記事は有料記事です。

残り4496文字(全文4653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです