特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

聖火が走ったまち1964-2020

佐賀・有田 沿道はためく万国旗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
有田焼の窯元や販売業者が軒を連ねる「皿山通り」で、踊りを披露する女性たち=佐賀県有田町で2019年10月16日、田鍋公也撮影
有田焼の窯元や販売業者が軒を連ねる「皿山通り」で、踊りを披露する女性たち=佐賀県有田町で2019年10月16日、田鍋公也撮影

 1964年9月15日。聖火は長崎県境を越え、有田焼で知られる焼き物の町、佐賀県有田町に入った。陶磁器メーカーで働いていた樋渡由治さん(78)は上司の許可を得て中継所となった当時の町役場前に駆けつけた。

 町の広報誌によると、沿道には近隣町村からを含めて2万人以上が集まり、商店や民家には万国旗が飾られたという。樋渡さんは「この聖火が…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集