メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

佐賀・有田 沿道はためく万国旗

有田焼の窯元や販売業者が軒を連ねる「皿山通り」で、踊りを披露する女性たち=佐賀県有田町で2019年10月16日、田鍋公也撮影

 1964年9月15日。聖火は長崎県境を越え、有田焼で知られる焼き物の町、佐賀県有田町に入った。陶磁器メーカーで働いていた樋渡由治さん(78)は上司の許可を得て中継所となった当時の町役場前に駆けつけた。

 町の広報誌によると、沿道には近隣町村からを含めて2万人以上が集まり、商店や民家には万国旗が飾られたという。樋渡さんは「この聖火が…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 社説 抗生剤のリスク 安易な使用は見直したい

  3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです