ゆらゆらと新種の深海魚、ユウレイコンニャクウオ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
糸状の白っぽい胸びれが特徴の「ユウレイコンニャクウオ」=アクアマリンふくしま提供
糸状の白っぽい胸びれが特徴の「ユウレイコンニャクウオ」=アクアマリンふくしま提供

 北海道羅臼町沖で調査をしている「アクアマリンふくしま」(ふくしま海洋科学館、福島県いわき市)と京都大の研究チームが、深海魚の新種を発見した。ゆらゆらと泳ぎながら糸状の4~5本の胸びれを垂らして餌を探す姿から「ユウレイコンニャクウオ」と名付けた。4日付の日本魚類学会英文誌で発表した。

 羅臼町沖の水深500~1080メートル…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文397文字)

あわせて読みたい

注目の特集