メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮、金剛山観光で動けぬ韓国へ揺さぶり 金正恩氏、施設撤去を指示

 北朝鮮の景勝地、金剛山(クムガンサン)で中断している南北経済協力の観光事業を巡り、北朝鮮が韓国に揺さぶりをかけている。北朝鮮の朝鮮中央通信などは23日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が韓国側が建設した観光施設を韓国側と合意したうえで撤去するよう指示したと報道。昨年9月の南北首脳会談で金剛山観光の早期再開について合意したものの動かない韓国に、圧力をかける狙いと見られる。北朝鮮との対話を呼びかける韓国の文在寅(ムンジェイン)政権は、難しい対応を迫られそうだ。

 朝鮮中央通信によると、金正恩氏は金剛山を訪れ、金剛山ホテルなど13の韓国側施設を視察。金正恩氏は「建築物に民族性が全く感じられず、建物を被災地域の仮設テントか隔離病棟のように配置した。非常にみすぼらしい」と指摘、「国力が弱い時に他人に依存しようとした先任者たちの依存政策が非常に間違っていた」と強く批判した。金正恩氏は朝鮮労働党中央委員会の当該部署を名指しして叱責する形を取っているが、金剛山観光は…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文1096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  3. 「緊急事態宣言解除」 諮問委が了承 西村担当相「実施する必要なくなった」

  4. 特集ワイド 乱世で「小池劇場」再び 風読みコロナ対応次々、好感度上昇

  5. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです