メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

仏師「宗印」作と判明した木造阿弥陀如来座像と伊藤真宏住職=大阪市東住吉区桑津3の見性寺で2019年10月23日午後5時19分、矢追健介撮影

[PR]

 大阪市東住吉区の見性寺(けんしょうじ)の本尊「木造阿弥陀如来坐像」が、桃山時代に奈良を中心に活躍した仏師「宗印」の作品であることが判明したと、大阪市教委が23日、発表した。仏像の内側に名前が書かれていたという。安倍文殊院(奈良県桜井市)の住吉明神立像(国宝)などで知られるが、現存する作例は極めて少なく、貴重な8例目の発見となる。

見性寺の仏像内部で見つかった墨書。宗印などと書かれている=大阪市教委文化財保護課提供

 仏像は高さ87・1センチの等身大で内側は空洞。頭部を調べると、内側に「慶長十一(1606年)」「南都 北室大仏師 宗印」などと墨書されていた。桃山~江戸時代初期にかけて活躍した宗印は、豊臣秀吉が造らせた京都・方広寺の大仏(現存せず)を手がけた当時最高峰の仏師。奈良を拠点とし、快慶、運慶に代表される「南都仏師」の最後の一人とされる。

 見性寺は1881年ごろに火災に遭った。仏像は復興後に安置され、以前は羽曳野市の誉田八幡宮の奥之院(明治時代に廃絶)にあったと寺に伝わる。八幡宮が所有する奥之院の棟札には、本尊の墨書と同様、慶長11年という年号や「無量寿仏」がまつられたと記されており、言い伝えが正しい可能性がある。

 市教委文化財保護課の川北奈美学芸員は「具体的な時期が特定でき、仏像研究に資する貴重な資料。当時からすると復古的なデザインで、南都仏師が身近にある飛鳥時代や奈良時代の仏像を参考にした可能性もある」とした。仏像は一般公開していない。【矢追健介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

  5. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです