メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川崎浸水、多摩川の水が下水管に逆流 市が原因発表

台風19号の影響で浸水した川崎市中原区で建設中の硬式野球場=13日午前6時49分(共同通信社ヘリから)

[PR]

 川崎市は23日、台風19号で川崎市中原、高津両区を中心に発生した大規模浸水について、「増水した多摩川の水が排水管を通って逆流したのが原因」と発表した。川につながる排水管5カ所で逆流があり、計約92万平方メートルが浸水。道路上などに川の土砂が噴き上げていた。また、市の調査で浸水の深さが約2メートルに達したところがあったことも確認された。

 市上下水道局によると、このうち中原区の上丸子山王町から下沼部にかけての地区では約45万平方メートルが浸水した。この地区は雨水を下水管に流す「合流式」で、一定以上の流量になると、下水管内の壁を越えて多摩川に流れ込む仕組みになっている。台風が接近した12日は午前11時半に多摩川の水位がこの壁の高さを越え、下水管への逆流が始まった。午後3時半過ぎにはマンホールから水が噴き出るのが確認されている。

 その後も川は増水。下水処理場に水を送るポンプが水没しそうになったため、排水管の水門を閉めようとしたが、閉まるのに約12時間もかかったという。同局の担当者は「閉まらなかったことで被害が拡大したとは思っていないが、検証したい」と話した。このほかに逆流した4カ所は水門を開けたままだった。

建物被害は1407件

 一方、市は同日、被害集中地区の建物被害調査の結果を発表した。中原、高津両区に多摩区も含め計2407件を調べたところ、1407件の被害を確認した。このうち、全壊は15件あった。現時点で、市内の浸水被害は計約1460件となった。床上、床下の別はまだまとまっていないが、福田紀彦市長は「数字を先行させず、支援を最優先にした結果」と説明した。【市村一夫】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  3. 「緊急事態宣言解除」 諮問委が了承 西村担当相「実施する必要なくなった」

  4. 特集ワイド 乱世で「小池劇場」再び 風読みコロナ対応次々、好感度上昇

  5. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです