部下への人格否定発言で署長2人を処分 京都府警

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 部下にどなるなどのパワハラ行為をしたとして、京都府警は24日、南署長(59)を本部長訓戒、向日町署長(58)を本部長注意の処分にした。

 府警監察官室によると、南署長は昨年から今年5月にかけて複数の署員に「警察官をやめるか」などと人格を否定するような発言をした。向日町署長は、田辺署長だった昨年4~7…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文261文字)

あわせて読みたい

注目の特集