特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

「やっと帰ってこられたね」 東日本大震災で死亡の女性、8年半ぶり両親の元に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災の津波により常磐山元自動車学校(宮城県山元町)で勤務中、行方不明になった大久保真希さん(当時27歳)の遺骨が24日、県警亘理(わたり)署から亘理町に住む両親に渡された。一人娘の帰りを待ちわびた両親は、真希さんの遺骨が入った箱を抱きしめた。署の担当者は「震災から8年半が過ぎて身元が分かるのは奇跡に近い」と話した。

 「お帰り。やっと帰って来られたね」。24日、署内で菅原優署長から遺骨が入った箱を引き渡された母恵子さん(61)は涙を流しながらほほ笑み、白い布に包まれた箱を優しくなでた。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文769文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集