元TBS記者の代理人弁護士 伊藤詩織さんへの侮辱的な書き込みで懲戒の可能性

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛知県弁護士会館=名古屋市中区で2019年10月24日午後0時52分、川瀬慎一朗撮影
愛知県弁護士会館=名古屋市中区で2019年10月24日午後0時52分、川瀬慎一朗撮影

 フリージャーナリストの伊藤詩織さん(30)が、元TBS記者の山口敬之氏(53)から性的暴行を受けたと主張する問題で、山口氏の代理人で愛知県弁護士会所属の男性弁護士が、自身のブログに伊藤さんへの侮辱的な書き込みをしたとして、同弁護士会綱紀委員会は懲戒の可能性があるとして懲戒委員会に審査を求めることを決めた。決定は9月12日付。懲戒委員会が審査している。

 男性弁護士は、伊藤さんが山口氏に暴行への慰謝料を求めた訴訟の代理人を務めている。既に消されているブログで「詩織が主張する性暴力被害が全くの虚偽・虚構に過ぎない。虚妄に基づく一方的な主張」などと記載。また伊藤さんが被害をつづった手記について「山口氏の名誉・社会的信用を著しく毀損(きそん)する犯罪的行為」などと書いている。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文586文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集