メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜市立大病院 動脈瘤放置 70代男性、破裂し死亡 

 横浜市立大付属病院は24日、コンピューター断層撮影(CT)検査を受けた70代男性の動脈瘤(りゅう)を発見しながら放置し、適切な治療をしていなかったと発表した。男性はこの動脈瘤が破裂して9月に死亡した。

 病院によると、男性は一昨年6月に胸部から骨盤までのCT検査を受け、放射線科医が骨盤内部の内腸骨動…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです