メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都構想、維新案で推進 4特別区の名称で分割へ 「年内に大枠決定」も確認

特別区区割り・各区名称案

 大阪市を廃止し、特別区を設置する「大阪都構想」の制度案を議論する法定協議会が24日、市役所であり、区名や庁舎の位置など特別区の骨格が固まった。淀川、北、中央、天王寺の4特別区の名称で分割され、現在の市役所本庁舎(北区中之島)は、新北区のほか、新淀川、新天王寺区の一部が入る「合同庁舎」とする。採決はなかったが、大阪維新の会の提案通りにまとめる方針が示され、年内には制度案の大枠を決める日程も確認した。

 自民、共産からは異論が相次いだが、都構想に賛成する維新と公明が過半数を握っており、来年秋冬の住民投票に向け、議論は加速する見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り935文字(全文1203文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  3. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 北九州市で新たに5人 12日連続の感染確認 累計124人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです