「中野サンプラザ」後継施設 多目的ホール収容人数は最大7000人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
解体が予定されている中野サンプラザ=東京都中野区中野4で
解体が予定されている中野サンプラザ=東京都中野区中野4で

 東京都中野区の酒井直人区長は24日、JR中野駅前の複合施設「中野サンプラザ」解体後の後継施設について、多目的ホールの収容人数を最大7000人程度とする方針を発表した。2028年度末の完成を目指す。

 酒井区長によると、多目的ホールは立ち見も含め最大収容人数は7000人程度で、固定の座席は5000席程…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

あわせて読みたい

注目の特集