メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほどヒヨコ

南太平洋の島国、なぜラグビー盛ん?

W杯フランス戦を前にシピタウで闘志を高めるトンガの選手たち=10月6日

[PR]

W杯でウェールズのタックルをかわしたフィジーのトゥイソバがトライ=10月9日
w杯でロシア選手のタックルを受けながらも突進するサモアのニウイア選手(中央)=9月24日

 <ヒヨコの質問しつもん記者きしゃこたえる>

質問しつもん

 南太平洋みなみたいへいよう島国しまぐに、なぜラグビーさかん?

こた

 イギリスの植民地支配しょくみんちしはいがきっかけ 宣教師せんきょうしによる普及ふきゅう

 ヒヨコさん ラグビー・ワールドカップ(Wはい)はいよいよ準決勝じゅんけっしょうだね。1リーグで敗退はいたいはしたけれど、南太平洋みなみたいへいよう島国しまぐにのサモアやトンガ、フィジーもつよかったね。

 記者きしゃ いずれも1900ねんだい前半ぜんはん各国かっこく競技団体きょうぎだんたい発足ほっそくし、ラグビーが人気にんきです。Aぐみ日本にっぽん対戦たいせんしたサモアは国土こくど鳥取県とっとりけんよりややちいさく、人口じんこうは20万人まんにんですがWはいだいかい大会たいかいから8大会たいかい連続れんぞく出場しゅつじょう強豪きょうごうです。人口じんこう89万人まんにんのフィジーは6大会たいかい連続れんぞくかいで、2016ねんリオデジャネイロ・オリンピック(五輪ごりん)7にんせいラグビー男子だんしきんメダルにかがやきました。フィジーはつ五輪ごりんメダルでした。人口じんこう10万人まんにんのトンガもWはい大会たいかい連続れんぞくかいほこります。

 ヒヨコさん でも、なぜそんな南太平洋みなみたいへいようちいさな島国しまぐに競技きょうぎさかんなの?

 記者きしゃ いずれも植民地支配しょくみんちしはい歴史れきしなどが背景はいけいにあります。フィジーはラグビー発祥はっしょうのイギリスに1874ねんから支配しはいされ(1970ねん独立どくりつ)、チームが結成けっせいされたのがはじまりです。サモアは第一次世界大戦だいいちじせかいたいせん終結しゅうけつの19ねん、イギリスじんうつんだニュージーランドに植民地支配しょくみんちしはいされました(62ねん西にしサモアとして独立どくりつ)。ニュージーランドではすでに国民こくみんてきスポーツとして人気にんきがありました。サモアにはニュージーランドの教育者きょういくしゃたちがひろめたとされています。トンガは1900ねんにイギリスの保護領ほごりょうとなり(70ねん独立どくりつ)、キリストきょうつたえる宣教師せんきょうしがラグビーをみました。その、オーストラリアもふく南太平洋みなみたいへいよう国々くにぐにとの交流こうりゅうえ、ラグビーねつたかまっていきました。

 ヒヨコさん それぞれのくにでは今回こんかい大会たいかいがったの?

 記者きしゃ サモアではWはい話題わだいちきりだったそうです。国際協力機構こくさいきょうりょくきこう(JICA)サモア支所ししょのスタッフによると「人口じんこうすくないサモアで、選手せんしゅはごく身近みぢか存在そんざい」だそうです。現地げんち新聞しんぶん連日れんじつ代表だいひょう様子ようすおおきくつたえ、おおくのひとたちが日本にほん大会たいかい関心かんしんせていたそうです。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです