メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鶴岡・湯野浜小、砂の造形大会 6月の地震で延期 /山形

イルカの尾びれを形作る児童=山形県鶴岡市の湯野浜海水浴場で

 鶴岡市で震度6弱を記録するなどした6月の地震の影響で延期されていた同市立湯野浜小の砂の造形大会が24日、同校近くの湯野浜海水浴場で開かれ、全校児童121人がクジラやイルカなどを形作った。

 1978年から続く伝統行事。児童は1~6年まで学年を超えた縦割りの4班に分かれスコップなどで砂を盛ったり、水を…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです