メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「マレフィセント2」 アンジーの「顔面力」 /愛知

マレフィセントを演じたアンジェリーナ・ジョリー(中央)とエル・ファニング(右)、ミシェル・ファイファー(左) (C)2019 Disney Enterprises,Inc.All Rights Reserved.

 美しき最強ヴィランが再び降臨。ディズニーの名作アニメ「眠れる森の美女」で、オーロラ姫に呪いをかけた“妖精”を主人公に据えた実写映画の続編が、5年の歳月を経て公開されている。「マレフィセント2」、主演はもちろんアンジェリーナ・ジョリーだ。

 オーロラ姫が永遠の眠りから目覚め、恋愛でも血縁でもない“真実の愛”をマレフィセントが見つけてから数年後。妖精界・ムーア国のプリンセスとなったオーロラ姫に、人間界・アルステッド国のフィリップ王子がプロポーズし、2人の結婚が決まる。これを機に人間界と妖精界が交われるかと、双方の期待も高まる。しかし、フィリップ王子の母でマレフィセントを嫌悪するイングリス王妃が、邪悪な罠(わな)を仕掛けてオーロラ姫とマレフィセントの絆を引き裂き、さらに……。

 この映画を成り立たせる、重要な要素が三つある。まず鮮やか、かつ滑らかでリアルなVFX映像。緑あふれ…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです