メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元徴用工問題 日韓協定順守を要求 首相会談で安倍氏

会談前に握手する安倍晋三首相(右)と韓国の李洛淵首相=首相官邸で2019年10月24日、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は24日、天皇陛下の「即位の礼」参列のため来日中の李(イ)洛淵(ナギョン)・韓国首相と首相官邸で約20分間会談した。元徴用工問題で悪化した日韓関係について、安倍首相は「健全な関係に戻すきっかけを作ってもらいたい」と韓国側の対応を要求。李氏は文在寅(ムンジェイン)大統領の親書を手渡したが、元徴用工問題の解決策などは示さず、会談は関係改善の糸口を見いだせないまま平行線をたどった。

 元徴用工問題に関し、日本政府は1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場を示している。安倍首相は会談で、元徴用工への賠償を日本企業に命じた昨年10月の韓国最高裁判決について、「国際法に明確に違反しており、日韓関係の法的基盤を根本から崩すものだ」と指摘。「韓国は国交正常化の基礎となった国際条約を一方的に破っている」と厳しく批判し、協定順守を求めた。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです