メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元徴用工問題 日韓協定順守を要求 首相会談で安倍氏

会談前に握手する安倍晋三首相(右)と韓国の李洛淵首相=首相官邸で2019年10月24日、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は24日、天皇陛下の「即位の礼」参列のため来日中の李(イ)洛淵(ナギョン)・韓国首相と首相官邸で約20分間会談した。元徴用工問題で悪化した日韓関係について、安倍首相は「健全な関係に戻すきっかけを作ってもらいたい」と韓国側の対応を要求。李氏は文在寅(ムンジェイン)大統領の親書を手渡したが、元徴用工問題の解決策などは示さず、会談は関係改善の糸口を見いだせないまま平行線をたどった。

 元徴用工問題に関し、日本政府は1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場を示している。安倍首相は…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです