メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

新天皇と日本の歩み=西川恵

 <kin-gon>

 29年の間を置いてもたれた「即位の礼」。今回と前回(1990年11月12日)を比べて、皇室を取り巻く内外の環境の変化を改めて印象付けられた。

 前回の時の新聞の縮刷版を繰っていて、気付くのが過激派のゲリラ事件の多さだ。即位の礼の当日だけでも「過激派によるゲリラ」と断定された事件が全国で40件、うち東京都内で34件起きている。

 即位礼正殿の儀や祝賀パレードに合わせ、14発の迫撃弾が皇居方面に向け発射された。いずれも途中で落下…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです