メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米、対トルコ制裁解除 クルドへの攻撃停止受け

シリア内戦について声明を発表するトランプ米大統領(左から2人目)=ワシントンのホワイトハウスで23日、ロイター

 トランプ米大統領は23日、ホワイトハウスで国民向けにテレビ演説し、トルコ軍がシリア北部でのクルド人勢力への攻撃を停止し「恒久的な停戦」を約束したとして、対トルコ制裁の解除を発表した。また、シリア北部での油田警護のため少数の米軍部隊を残留させる方針を示しつつも、「血塗られた砂漠での戦いは他の誰かに任せよう」とも述べ、中東地域への関与縮小の姿勢を強調した。

 トランプ氏は演説で、トルコに経済制裁を宣告する一方でクルド人勢力をシリア国境沿いの緩衝地帯から退去させると決めた停戦合意について「米国にしか成し得なかった結果だ」と自賛。「我々の行動により、地域に平和と安定がもたらされた。多くの命が救われた」などとも語った。

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン接種「成否は支持率に直結」 マイナンバー活用の新システム、突貫工事に懸念

  2. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 首相、コロナ医療体制の不備を陳謝 予算組み替えには応じず

  5. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです