メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

福岡・中洲 群衆、電車も立ち往生

背後に映画の看板が掲げられた西大橋を走る聖火ランナー=1964年9月17日

 佐賀平野を通過した聖火は1964年9月16日、九州の最終地点である福岡県に入った。福岡市の中心部・天神のビル街は建物の屋上まで大勢の人で埋め尽くされた。当時街を走っていた路面電車も立ち往生し、運転士は「天皇陛下のご旅行の時より多い人だ」と語った。

 翌17日朝、県立修猷館(しゅうゆうかん)高校陸上部主将の前田洋一さん(故人)が聖火を掲げ、歓楽街・中…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

  5. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです