メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおか探索

直方・西徳寺 「お寺ヨガ」で心身リフレッシュ 共にインド発祥、親和性に着目 講師の境さん普及に奔走

西徳寺でのヨガ教室を提案した檀家の栗原さん(左から2人目)らと境さん(右)

 心と体を整える時間を身近なお寺で――。直方市の西徳寺本堂で毎週月曜日、地域住民らを対象にヨガ教室が開かれている。講師の境玲衣子(れいこ)さん(42)=福岡市博多区=は、共にインド発祥の仏教とヨガの親和性に着目し、地域密着の「お寺ヨガ」を各地に普及・浸透させようと奔走する。実際のお寺ヨガを体験しながら、思いを聞いた。【青木絵美】

 「深い穏やかな呼吸を意識して」。約20人の受講者全員で、ご本尊の阿弥陀(あみだ)如来を前に手を合わせ、教室が始まった。境さんの指導で私もおなかなど体の隅々に新しい空気を届けるように、鼻からゆっくり息を吸い、口からはき出す動作をした。ふと目をやると天井は高く、本堂を風が吹き抜け、自分のせかせかした気持ちが自然と鎮められていくようだった。境さんからは「大事なのはポーズや形を決めることではない。体と向…

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1281文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです