メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党、敵失に勢い 更迭・菅原氏の首相任命責任に照準 「関電」でも再攻勢

記者団を前に、安倍晋三首相に辞表を提出したことを明らかにする菅原一秀経済産業相(中央)=国会内で2019年10月25日午前8時37分、川田雅浩撮影

 立憲民主党など野党は、審議拒否をちらつかせて、公職選挙法違反の疑いが浮上した菅原一秀経済産業相を辞任に追い込んだ。敵失に勢いづく野党は、安倍晋三首相の任命責任に照準を合わせる。手詰まり感のあった関電役員らの金品授受問題でも、経産相交代を契機に再び攻勢をかける構えだ。【野間口陽、東久保逸夫】

 立憲の安住淳国対委員長は、菅原氏辞任を受けた野党4党の国対委員長会談で「辞めただけでは済まない。(公選法違反疑惑の)報道が事実だったことになる」と気勢を上げた。国民民主党の原口一博国対委員長も「(政権は)よほどの反省が必要だ」と強調した。

 菅原氏の秘書は、過去の疑惑で菅原氏が追及を受けるさなかの今月17日、香典を選挙区の有権者に渡していた。野党は悪質性が高いとみており、安住氏は「どうして閣僚に選んだのか。総理の責任は重い」と記者団に指摘。首相出席の予算委員会の開催を求めるとともに、菅原氏には議員辞職も求める構えだ。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです