メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古里とさよなら 岩手「五天王地区」台風被災で2世帯のみに

裏山から崩れ落ちた土砂が壁を破り、柱が折れるなどした大棒美喜子さんの自宅=宮古市田老で

 土砂崩れが起きた岩手県宮古市田老の通称「五天王地区」で、民家5世帯中3世帯が慣れ親しんだ土地に見切りを付けることを決意した。

 移転を決意している一人が、大棒美喜子さん(88)。台風が近付いた13日未明に1階の寝室で就寝中、地震のような音で目が覚めた。寝室と居間に大量の土砂が外壁を突き破って入り込み、柱5本が折れるなどした。

 裏山が高さ約20メートル、幅約15メートルにわたって崩れ落ちていた。ベッドがもう少しずれていれば、土砂に埋まるところだった。地域の宿泊施設で共に避難生活し、別の場所での新築を検討している長男(68)の意向に従うことにした。

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです