「命をつなぐ」 ワタミが農業テーマパーク建設へ  

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
渡辺美樹・ワタミ会長=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で、橋本政明撮影
渡辺美樹・ワタミ会長=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で、橋本政明撮影

 外食チェーン大手のワタミ(東京都)が、岩手県陸前高田市に養鶏場や農業体験ができる施設などを集めたテーマパークを作ることになり、市と同社が24日、連携協力協定を結んだ。東日本大震災で被災した平地のうち、整備が未着手で盛り土の仮置き場として使われていた今泉北地区の約23ヘクタールを使う。協定には、市が建設地の基盤整備を、同社が施設の運営や管理を担うことが明記され、地域振興に向けた協力を確認し合った。

 テーマパークの名称は「ワタミオーガニックランド」。農場や養鶏場のほか、レストランや研修施設が設けられ、来場者は畑作や畜産が体験できる。同社は施設内で農畜産物の生産から加工、販売までを手掛け、同社が取り組む6次産業モデルの拠点にする。開業は2021年3月を見込み、年間約50万人の来場者を目指すという。

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文513文字)

あわせて読みたい

ニュース特集