メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

眠らぬ知への探究心 24時間開放の図書館

秋田杉を使った半円2階建ての美しい建物は「本のコロセウム」をテーマにデザインされた=秋田市の国際教養大学で、佐々木順一撮影

 「本のコロセウム(闘技場)」をテーマにデザインされた国際教養大学(秋田市)の中嶋記念図書館は、眠らない。2004年に開学した同大で「いつでも勉強できる場を提供したい」という故中嶋嶺雄・初代学長の思いが、24時間365日の開館という形で結実し、08年に完成。秋田杉が使われた傘形屋根と半円状の吹き抜けが美しい。

 国際教養学部2年の角岸右京さんは「授業後に課題や予習をするには夜しかなく、深夜1時までいる日もある。今ではこの環境は不可欠です」と話す。大学のシンボルにもなった図書館を、加藤信哉館長は「学生のニーズと学校のポリシーで成り立つ大学の憲法のようなもの」と例える。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです