20代男性講師、生徒に「臭い」など暴言、暴力 熊本の特別支援学校

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で謝罪する熊本県教委の担当者ら=城島勇人撮影
記者会見で謝罪する熊本県教委の担当者ら=城島勇人撮影

 熊本県教委は県立の特別支援学校(熊本市)の20代男性講師が10代の男子生徒を蹴ったり「臭い」と暴言を浴びせたりするなど、不適切な指導を8回繰り返していたと発表した。講師は生徒に謝罪し退職の意向を示しているという。県教委は23日夜の保護者会で経緯を説明。講師の処分について「厳正に対処する」としている。

 県教委や学校によると講師は男子生徒の副担任。今年6~10月、教室で生徒の尻を複数回蹴った他、「臭い」「邪魔だ」「迷惑だ」といった暴言を浴びせ、ビニールテープで1分間ほど手を縛るなどしたという。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文499文字)

あわせて読みたい

注目の特集