ラグビーW杯 鹿児島知事、スポンサー企業から高額席チケット

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
三反園訓知事=松尾雅也撮影
三反園訓知事=松尾雅也撮影

 鹿児島県は24日、三反園訓知事が20日に東京であったラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の準々決勝・日本―南アフリカ戦を公務で観戦した際、大会スポンサー企業から専用ラウンジで飲食できるバックスタンド最上階の高額チケットを提供されていたと明らかにした。県は「高額という認識はなかった。問題ない」としている。

 県によると、知事は来年の東京五輪7人制ラグビーに出場する南ア代表の事前キャンプを誘致するため、県の特別顧問の男性に勧められ観戦。チケットは男性を介して受け取った。飲食サービスは「ホスピタリティー」と呼ばれ、関係者によると、価格はカードによって異なるが税別9万円はするという。

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文416文字)

あわせて読みたい

注目の特集