メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩国基地騒音訴訟、2審も国に賠償命令 約7億3540万円に増額

岩国基地に駐機する米空母艦載機=山口県岩国市で2019年1月12日午後2時57分、大山典男撮影

 米軍と海上自衛隊が共同使用する岩国基地(山口県岩国市)の周辺住民が、国に騒音被害への損害賠償や自衛隊機と米軍機の飛行差し止めを求めた訴訟の控訴審判決が25日、広島高裁であった。森一岳裁判長は、過去に受けた騒音被害を認定して総額約5億8000万円の支払いを命じた1審・山口地裁岩国支部判決(2015年10月)を変更し、約7億3540万円の支払いを命じた。将来分の賠償や飛行差し止めの請求は1審に続いて退けた。

 原告は、航空機の騒音を示す「うるささ指数」(W値)で我慢の限度とされる75以上の地域に住む654人…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. サッカー、アギーレ元監督に無罪 八百長疑惑で日本代表監督解任

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

  5. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです