メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「このタイミング、助かった」北陸新幹線、13日ぶり全線直通運転 利用者から安堵の声

運行が再開した北陸新幹線(左)。右奥は台風19号で浸水した長野新幹線車両センター=長野市で2019年10月25日午前6時53分、滝川大貴撮影

[PR]

 北陸新幹線の東京―金沢間で25日、全線の直通運転が13日ぶりに再開した。台風19号の影響で、これまで長野―上越妙高間が不通になっており、全線が開通したことで利用者からは安堵(あんど)の声が聞かれた。

 東京駅では午前7時52分、金沢駅に向かう「はくたか553号」が出発。ホームはビジネスマンやスーツケースを持つ観光客らが列をなし、金沢市の主婦、沢田礼子さん(74)は「介護の関係で東北の実家と行き来している。このタイミングで自宅に帰れるのは助かる」と話した。仕事で上越妙高駅に向かう会社員の男性(72)は「1カ月前から仕事で直江津(新潟県上越市)に行くことが決まっていた。動かないと別ルートで遠回り。とても良かった」とホッとした表情だった。

 北陸新幹線は、千曲川の氾濫で長野新幹線車両センターが浸水し、使用している30編成(各12両)のうち10編成に被害が出た。JR東は当面、通常の9割ほどの本数で運行する。【井川諒太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです