メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国交省、鉄道事業者に浸水対策指示 北陸新幹線「車両基地」浸水受け

水につかった北陸新幹線の車両=長野市赤沼で2019年10月13日午前8時6分、本社ヘリから

[PR]

 赤羽一嘉国土交通相は25日の閣議後記者会見で、台風19号の影響で長野市の車両基地が浸水して北陸新幹線の車両が水につかったことを受け、全国の鉄道事業者に浸水対策の緊急点検をするよう指示したことを明らかにした。新幹線については「早急に取りまとめる」としている。

 国交省によると、緊急点検では、車両基地など列車の運行に影響が大きい施設について、自治体作製のハザードマップと照らし合わせた上で、浸水の可能性がある場合には対策を講じて報告するよう求めている。

 台風19号では、堤防が決壊した千曲川の氾濫の影響でJR東日本の長野新幹線車両センター(長野市)が浸水し、北陸新幹線で使用する全車両の3分の1にあたる10編成(120車両)が水につかる被害が出た。赤羽氏は「JR東日本に対し、列車を避難させるなどの対応ができなかったことについて、しっかりと検証するよう指示した」と述べた。【松本惇】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏、接触8割減「できるわけない」 首相発言で指摘 新型コロナ

  2. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  3. 波紋呼ぶ「軽症者に日本財団9000床提供」 つくば市「寝耳に水」「住民の合意は…」

  4. 「さすがメルケル首相」新型コロナ対応で人気復活 世論調査満足度も64%

  5. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです