メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弁当小分け容器、飾り、レジ袋、緩衝材…過剰なプラ製品は? 内閣府調査

大量のプラスチックごみが流れ着いた浜辺=愛媛県伊方町で2018年7月、小松雄介撮影

 サービスが過剰なプラスチック製品は、弁当に使う小分け容器やスーパーなどのレジ袋だと考える人が多いとの世論調査結果を、内閣府が公表した。プラごみによる環境汚染が問題となる中、内閣府が消費者の意識を啓発しようと、定期的に実施している環境問題に関する世論調査に、プラごみに関する項目を今回初めて設けた。

 全国の18歳以上の男女3000人を対象に8~9月に面接方式で実施。1667人(55・6%)から回答を得た。

 過剰だと思うプラ製品やサービスを選択式(複数回答可)で尋ねたところ、「弁当で使う使い捨て小分け用容…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです