メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弁当小分け容器、飾り、レジ袋、緩衝材…過剰なプラ製品は? 内閣府調査

大量のプラスチックごみが流れ着いた浜辺=愛媛県伊方町で2018年7月、小松雄介撮影

 サービスが過剰なプラスチック製品は、弁当に使う小分け容器やスーパーなどのレジ袋だと考える人が多いとの世論調査結果を、内閣府が公表した。プラごみによる環境汚染が問題となる中、内閣府が消費者の意識を啓発しようと、定期的に実施している環境問題に関する世論調査に、プラごみに関する項目を今回初めて設けた。

 全国の18歳以上の男女3000人を対象に8~9月に面接方式で実施。1667人(55・6%)から回答を得た。

 過剰だと思うプラ製品やサービスを選択式(複数回答可)で尋ねたところ、「弁当で使う使い捨て小分け用容器や飾り」が最多の50・3%で、次に多いのがレジ袋(50・1%)だった。以下多い順に、通販などの包装や緩衝材(45・8%)▽飲み物と提供されるストローやかき混ぜ棒(44・8%)▽イベントで配布されるうちわ(35・0%)▽ペットボトル(27・0%)――などが続いた。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです