メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「怖いなんてもんじゃない」畳の隙間から一気に水噴き出し 妻と着の身着のまま避難 千葉・茂原

土砂崩れで倒壊した住宅=千葉市緑区誉田町で2019年10月25日午後8時27分、宮間俊樹撮影

 台風15号の暴風で甚大な被害を受けた千葉県を25日、今度は豪雨が襲った。10月の1カ月分の雨が半日で降るほどの記録的な雨に見舞われ、各地の河川で氾濫が相次ぎ、土砂崩れが発生した。交通機関は乱れ、駅や空港は足止めをくらった客らでごった返した。

 千葉県茂原市では25日午後、一宮川の水があふれた。「怖いなんてもんじゃなかった」。川から約10メートルのところに住む丸島秀夫さん(67)、早苗さん(69)夫妻は命からがら自宅から逃げ出し、近くの工務店に身を寄せた。

 自宅が浸水したのは、市が避難指示を出した約2時間後の25日午後2時ごろ。秀夫さんによると、「畳が浮き上がって隙間(すきま)から水が噴き出して、もう一瞬だった」。平屋の自宅に逃げ場はなく、着の身着のまま外に出ると、腰までつかるほど水が上がっていた。秀夫さんは足が不自由で、早苗さんが助けを求めに外に出て、近くの工務店の社員に助けてもらった。秀夫さんは「40年以上住んでいて水が来たのは2回目だが、今回…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  4. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  5. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです