メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「怖いなんてもんじゃない」畳の隙間から一気に水噴き出し 妻と着の身着のまま避難 千葉・茂原

土砂崩れで倒壊した住宅=千葉市緑区誉田町で2019年10月25日午後8時27分、宮間俊樹撮影

 台風15号の暴風で甚大な被害を受けた千葉県を25日、今度は豪雨が襲った。10月の1カ月分の雨が半日で降るほどの記録的な雨に見舞われ、各地の河川で氾濫が相次ぎ、土砂崩れが発生した。交通機関は乱れ、駅や空港は足止めをくらった客らでごった返した。

 千葉県茂原市では25日午後、一宮川の水があふれた。「怖いなんてもんじゃなかった」。川から約10メートルのところに住む丸島秀夫さん(67)、早苗さん(69)夫妻は命からがら自宅から逃げ出し、近くの工務店に身を寄せた。

 自宅が浸水したのは、市が避難指示を出した約2時間後の25日午後2時ごろ。秀夫さんによると、「畳が浮…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. ラグビー日本代表・プロップ具智元が日本国籍取得

  5. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです