メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン 心寄せる一員でありたい 女優・竹下景子さん

「ごえんなこんさぁと」で、「輝くpiece~笑える幸せ 泣ける幸せ~」を映像・音楽に合わせて朗読する竹下景子さん=東京都中央区の第一生命ホールで2019年9月29日、手塚耕一郎撮影

 女優の竹下景子さんは、チャリティー公演「ごえんなこんさぁと」がスタートした2008年からほぼ毎年出演を続けてきた。公演にかける思いを聞いた。

 ――出演までの経緯を教えてください。

 昔入っていたコーラスグループで、ピアニストの筧千佳子さん(朴の会理事長)と声楽家の野本立人さんに出会ったのがきっかけです。家族に小児がん経験者がいる筧さんが中心となって公演をしようという話になり、最初はゲストとして呼んでもらいました。

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです