メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

「怪談牡丹燈籠」 幽霊よりゾッと 笑う悪女=ペリー荻野

 怪談といえば、夏の風物だが、NHKBSプレミアム「怪談牡丹燈籠(かいだんぼたんどうろう)」は、深まる秋に異色ともいえるどっしり感を漂わせている。

 そもそも怪談が4話の連続ドラマということも異色だ。長年、ドラマや映画で「牡丹燈籠」を見てきた私も、この話は恋人に焦がれて死んだ若い娘が夜な夜な彼を訪ねてきて、逢瀬(おうせ)を重ねる悲恋話で、そんなに長い物語だっけ?と思っていたが、実際は、人間の業と欲が複雑にからむドロドロの因縁話なのであった。

 発端は、旗本の飯島平左衛門(高嶋政宏)が、ふとしたことで浪人を斬り殺したこと。20年後、妻を亡くし…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです