メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

救われた命、笑顔運ぶ 保護猫と住む障害者ホーム 全国100カ所、1年で広がる

「わおんグループホーム福岡」で猫とふれあう入居者の男性=福岡市東区で、森園道子撮影

 障害のある人と、保護されて引き取り手を探していた犬や猫が一緒に暮らすグループホーム(GH)が各地に広がっている。GHでは、殺処分の可能性があった犬や猫が穏やかな時間を過ごし、利用者も明るさを取り戻すなどの効果が出ているという。救われた小さな命に障害者が癒やされ、生きる力をつけていく。そんな温かいホームは今後も注目を集めそうだ。【青木絵美】

 福岡市東区の住宅街に9月、空き家だった戸建てを改修した「わおんグループホーム福岡」の1号棟がオープ…

この記事は有料記事です。

残り1164文字(全文1385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです