メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

救われた命、笑顔運ぶ 保護猫と住む障害者ホーム 全国100カ所、1年で広がる

「わおんグループホーム福岡」で猫とふれあう入居者の男性=福岡市東区で、森園道子撮影

 障害のある人と、保護されて引き取り手を探していた犬や猫が一緒に暮らすグループホーム(GH)が各地に広がっている。GHでは、殺処分の可能性があった犬や猫が穏やかな時間を過ごし、利用者も明るさを取り戻すなどの効果が出ているという。救われた小さな命に障害者が癒やされ、生きる力をつけていく。そんな温かいホームは今後も注目を集めそうだ。【青木絵美】

 福岡市東区の住宅街に9月、空き家だった戸建てを改修した「わおんグループホーム福岡」の1号棟がオープンした。GHは、障害福祉サービスの「共同生活援助」に基づき運営され、食事の支度などをする介護職など世話人が常駐する。現在、知的、精神障害者の19歳~60代の男性4人と共に、地元の動物愛護団体から引き受けた雄と雌の保護猫2匹、雄の保護犬1匹、入居者が連れてきた飼い猫2匹が暮らしている。

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです