メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海経済

おにぎりアクション 企業の社会貢献に注目 写真投稿で途上国に給食届く /愛知

2019年の「おにぎりアクション」に投稿された写真(一例)=TABLE FOR TWO提供

 おにぎりの写真をSNSや特設サイトに投稿すると、世界の子どもたちへの給食費として寄付される「おにぎりアクション2019」(11月20日まで)。NPO法人「TABLE FOR TWO」(テーブル・フォー・ツー=TFT、東京都)が2015年に始めたこの試みに協賛が広がっている。背景には企業の社会的責任や社会貢献への関心の高まりがありそうだ。【岡村恵子】

 この活動は国連世界食料デー(10月16日)に合わせて毎年実施され、写真投稿1枚につき発展途上国の給食5食分相当の100円が協賛企業から寄付される仕組み。TFTが「誰かのために握るおにぎりを食べることで、世界の子どもたちへの思いも込めてほしい」と始めた。

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. 東京で新たに13人感染確認 検体数少なく件数下がる 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです