メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

阪神で移動販売の八百屋「オガクロ」 旬の野菜、食卓を楽しく 「本当のおいしさ知って」 /兵庫

オガクロの店内には根が伸びた赤玉ねぎやカボチャの種が飾られている。「ただの食材ではなく、根が出て芽が出て種ができて、その種が落ちてまた野菜になるという循環を意識してもらえたら」と語る出口晴久さん(左)と妻出口真弓さん=宝塚市で、川畑さおり撮影

 シカクマメや青ナス、赤いジャガイモ「ノーザンルビー」――。阪神地域を巡る移動販売中心の八百屋「オーガニッククロッシング(オガクロ)」は、その季節が旬の珍しい野菜を店頭に並べ、人気を集めている。大量生産でない上、旬の時期が短ければその日限りの販売となることも。口コミで評判が広がり、昨年4月には宝塚市に店舗も構えた。店主の出口晴久さん(44)=猪名川町=は「食べたことのない野菜と出合えば世界が広がる。食卓が楽しい場所になればいいなと思う」と語る。【川畑さおり】

 「それはマコモダケです。天ぷらにするとおいしいですよ」。白のキャンピングカーに並ぶ野菜を手に取る客…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1200文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです