橿原市長選/橿原市議補選 市長選 継続か転換か、訴えに力 あす投開票 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 任期満了に伴う橿原市長選は27日、投開票される。4選を目指す現職の森下豊氏(61)と新人で元県議の亀田忠彦氏(47)=自民推薦=のいずれも無所属の2人が激しい選挙戦を繰り広げている。森下氏が3期12年の実績をアピールし市政の継続を訴えるのに対し、亀田氏は市役所本庁舎建て替え計画の見直しなどを訴え現市政の転換を主張する。最終盤の訴えに、両氏の陣営は力を込める。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文933文字)

あわせて読みたい

注目の特集