メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道絞め技で失神、不起訴処分は不服 検察審に申し立て /福岡

 福岡市の柔道場で2014年、当時中学2年だった長男(18)に絞め技をかけて失神させたとして傷害容疑で書類送検された男性指導者を福岡地検が不起訴処分としたことに対し、父親(49)が25日、福岡検察審査会へ不服を申し立てた。

 父親によると、指導者は故意に失神させる目的で、長男に対し2度にわたり絞め技を…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

  4. Social Good Opinion 廃棄される花にもう一度命を

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです