メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道絞め技で失神、不起訴処分は不服 検察審に申し立て /福岡

 福岡市の柔道場で2014年、当時中学2年だった長男(18)に絞め技をかけて失神させたとして傷害容疑で書類送検された男性指導者を福岡地検が不起訴処分としたことに対し、父親(49)が25日、福岡検察審査会へ不服を申し立てた。

 父親によると、指導者は故意に失神させる目的で、長男に対し2度にわたり絞め技を…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです