メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅原経産相更迭 秘書香典 政権に打撃 後任は梶山氏

辞表を提出したことを記者団に話し頭を下げる菅原一秀経済産業相=国会内で25日午前8時39分、川田雅浩撮影

 菅原一秀経済産業相(57)=衆院東京9区=は25日、地元有権者に公設秘書が香典を渡した問題などを巡って辞任し、後任に梶山弘志・元地方創生担当相(64)=同茨城4区=が就いた。安倍晋三首相は、国会審議への影響を最小限に抑えるため、事実上の更迭に踏み切った形だが、政権への打撃となった。

 首相は首相官邸で記者団に「任命責任は私にあり、国民に深くおわび申し上げる」と陳謝。同時に「重要な行政、政策立案分野において、一刻の停滞も遅滞も許されない」と述べた。

 菅原氏は24日夕には記者団に「国会で説明します」と強調。同日午後11時ごろに更新した自身のブログで…

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです