メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

偽ニュース、対策そろり 総務省会議が議論開始 表現の自由損なう懸念

 総務省の有識者会議は25日、インターネット上のフェイク(偽)ニュースについて、巨大IT企業などに自主的取り組みを促すことを柱とする論点整理案を示した。選挙の公正さをゆがめたり偏見を助長したりしかねないフェイクニュースに対しては各国が規制に動いており、日本でも対応策の議論に入る。ただ、表現の自由を損なう懸念もあり、政府は慎重に着地点を探っている。【加藤明子】

 有識者会議は総務省局長が設置した「プラットフォームサービスに関する研究会」。有識者や関連団体に5月…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです