メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書世論調査 平成の心に残った作家 トップは東野圭吾さん 村上春樹さん続く

 読書週間(10月27日~11月9日)を前に、毎日新聞は25日、7~9月に実施した「第73回読書世論調査」の結果をまとめた。今年4月に幕を閉じた平成時代の「心に残った作家」を尋ねたところ、トップは「容疑者Xの献身」などで知られる東野圭吾さんだった。村上春樹さん、池井戸潤さんが続いた。

 調査では、平成を中心に活躍した日本の作家たちの中で、「心に残った作家」の名前を5人まで自由に書いてもらった。東野さんは回答者全体の2割近い379人が名前を挙げ、全ての年代で1位だった。

 東野さんは毎日新聞に寄せたメールで「とてもありがたい。私自身が読書が得意な方ではないので、そういう人たちのことも意識して書いてきたおかげかな」と読者への謝意を示し、「読書は文字情報だけで場面を想像し、自分なりに時空を構築しなければならない。しかしその苦労によって、仮想の人生体験を楽しみ、さまざまな知恵を蓄えることができる」と、読書の魅力も語った。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  3. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです