メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火輸送機お披露目 柔道・野村さんら参加 到着式

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、五輪の聖火を採火地のギリシャから日本へ空輸する特別機のデザインと、聖火リレー最初のセレモニーとなる到着式の概要を発表した。ともに五輪3連覇を果たした柔道の野村忠宏さん(44)とレスリングの吉田沙保里さん(37)が特別機でギリシャに赴き、到着地の航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)まで聖火を運ぶ。

 ボーイング787に聖火をイメージしたデザインが施された特別機「TOKYO2020号」=写真は模型=は、日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)の共同運航。1964年東京大会は、JALがギリシャから聖火出発地の沖縄まで運び、国内輸送はANAが担当した。前回は、いずれも機内に聖火を保管するケースや専用台を設けたが、今回は未定。現在の計画ではランタンに聖火を格納し、座席に固定するという。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パンデミックでない」WHO強調 新型コロナ感染拡大で危険性「最高」に引き上げ

  2. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです