メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税対策使いこなし術

ポイント還元侮れず 生活丸ごとキャッシュレス決済にしてみたら……

増税に伴うキャッシュレスの還元セールを告知する張り紙をするコンビニエンスストアの従業員=東京都品川区のローソン大井店で2019年10月1日、梅村直承撮影

 消費税率10%への引き上げと同時に、キャッシュレス決済に最大5%のポイントを還元する制度が始まった。私(記者・45歳)は増税前から買い物で電子マネーを使っているが、現在コンビニで買い物をすると政府のポイントが2%、使っている電子マネーの独自のポイントが3%、さらにコンビニチェーンによっては会員カードのポイントが0・5%か1%加算されている。増税で家計の負担が増す中で、この5%を超えるポイント還元は決して侮れない。

 もともと買い物で現金のやり取りを煩わしいと感じており、クレジットカードがためらわれるような少額の支払いに電子マネーを使ってきた。今年の春までは、事前に入金するチャージ式の楽天Edy(エディ)のカードをメインで使い、楽天のクレジットカードからチャージすることで、チャージと買い物の二重でポイントを得ていた。楽天ポイントカードの加盟店ならば、ポイントは三重取りになる。私用のスマートフォンを持っていない…

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです