メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東アジア担当の米国務次官補が会見 韓国のGSOMIA破棄「再考促したい」

スティルウェル米国務次官補=AP

 来日中のスティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は26日、東京都内で記者会見し、元徴用工問題などで対立が深刻化している日韓関係に懸念を示すとともに、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄を決めた韓国に再考を求める考えを明らかにした。

 GSOMIAを巡っては、韓国が8月23…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文383文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです