メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の「心に残った作家」トップは東野圭吾さん トップ10に女性3人 読書世論調査

平成を中心に活躍した「心に残った作家」104位まで(その1)

 読書週間(10月27日~11月9日)を前に、毎日新聞は25日、7~9月に実施した「第73回読書世論調査」の結果をまとめた。今年4月に幕を閉じた平成時代の「心に残った作家」を尋ねたところ、トップは「容疑者Xの献身」などで知られる東野圭吾さんだった。村上春樹さん、池井戸潤さんが続いた。

 調査では、平成を中心に活躍した日本の作家たちの中で、「心に残った作家」の名前を5人まで自由に書いてもらった。東野さんは回答者全体の2割近い379人が名前を挙げ、全ての年代で1位だった。

 東野さんは毎日新聞に寄せたメールで「とてもありがたい。私自身が読書が得意な方ではないので、そういう…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです