さらば「スラーメン」 鳥取市役所移転で食堂閉店 「孤独のグルメ」にも登場

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
“最後”のスラーメンをすする市民ら=鳥取市役所旧本庁舎で2019年10月25日午後、阿部絢美撮影
“最後”のスラーメンをすする市民ら=鳥取市役所旧本庁舎で2019年10月25日午後、阿部絢美撮影

 鳥取市役所本庁舎の移転に伴い、旧本庁舎内の食堂が25日閉店し、半世紀を超える歴史に幕を下ろした。看板メニューである「スラーメン(素ラーメン)」は市民に長年親しまれ、市出身の漫画家、谷口ジローさん(2017年死去)の人気漫画「孤独のグルメ」にも登場した。最終日は大勢の市民やファンがこの素朴な味との名残を惜しんだ。【阿部絢美】

 1964年の開庁時に、職員互助会が運営を始めた。91年からは仕出し屋「富士割烹(かっぽう)」=尾崎成美会長(70)=が運営を受託している。スラーメンは250円と低価格。昆布と煮干し、かつおぶしで出汁(だし)をとったスープに中華麺を入れ、ネギとモヤシ、かまぼこを散らしたシンプルな味わいが特徴だ。漫画「孤独のグルメ」では、主人公が天かすとコショウを振りかけ「コショウの威力は甚大だ」と太鼓判を押す。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文649文字)

あわせて読みたい

注目の特集