メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一瞬でがれきに 一夜明け被害次々 千葉大雨

土砂崩れにより倒壊した住宅=千葉市緑区誉田町で2019年10月26日午前9時21分、本社ヘリから喜屋武真之介撮影

 記録的な大雨に襲われた千葉県は一夜明けた26日、犠牲者が新たに確認されるなど被害が次々と明らかになった。土砂崩れなどの現場では必死の救助・捜索活動が続き、9月の台風15号、2週間前の台風19号と被災が相次いでいるため、住民らの表情には疲労感がにじんだ。

 民家2棟が土砂崩れに巻き込まれ、うち1棟に住む60代と40代の女性が死亡した千葉市緑区誉田町では26日もがれきの撤去作業が続いた。近くの住民からは「信じられない」と悲しむ声が上がった。

 現場は千葉市と市原市の境に位置し、閑静な住宅街が広がる。大雨が降った25日午後1時15分ごろ、アスファルトの小高い崖の一角が崩れた。近くに住む女性(71)は自宅で家事をしているときに、夫に「電線が揺れている」と告げられた。

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです