メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋田犬「かっちゃん」を大館市に寄贈 「マサル」のきょうだい

贈呈式に臨む「かっちゃん」=秋田県大館市で2019年10月26日午後0時41分、田村彦志撮影

 1歳8カ月の雌の秋田犬「勝花(しょうか)」が26日、秋田犬保存会(本部・秋田県大館市)の遠藤敬会長(51)から大館市に寄贈された。勝花は、平昌五輪フィギュアスケート女子の金メダリストでロシアのアリーナ・ザギトワ選手(17)が飼っている雌の秋田犬「マサル」の四つ子のきょうだいの一匹。トレーニングをして、JR大館駅前にある市観光交流施設・秋田犬の里でのデビューを目指す。

 勝花は、マサルや秋田犬の里で公開されている雄の「勝大(しょうだい)」などと共に、同県大仙市で2018年2月15日に生まれた。赤毛で、愛称は「かっちゃん」。大阪府高石市の自宅で飼っていた遠藤会長が「大館の役に立てば」と大館市に譲渡を申し出た。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. レバノン首都爆発「何らかの爆弾」 トランプ氏、詳細言及せず

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです