メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「胸のあたりまで水が」「今回は桁違い」千葉・茂原 豪雨の脅威「廃業も…」

 台風21号の影響による記録的な大雨は台風15、19号の被災地を襲い、10人が死亡した。河川の氾濫は千葉、茨城、福島、宮城、埼玉の5県に及び、各地で浸水被害が出た。男性1人が行方不明となっている福島県では自衛隊などが捜索を続け、台風19号で浸水被害を受けた宮城県丸森町では住民らが片付けに追われた。

 広い範囲が浸水被害に見舞われた千葉県茂原市。市内を流れる一宮(いちのみや)川の氾濫で1人が死亡し、一時は市役所もくるぶしあたりまで水につかった。大雨から一転して晴天となった26日、街を歩いた。

 「胸のあたりまで水が押し寄せた」。同市八千代で写真スタジオを経営する小高恒雄さん(69)は、約100メートル離れた一宮川からあふれた水が店内を襲った状況を語った。

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文1066文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ORICON NEWS 和田アキ子、志村けんさん追悼「本当に残念」 飲み屋での思い出も回顧[コメント全文]

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです