メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨 千葉・福島で死者10人不明1人 5県27河川が氾濫

 台風21号の影響による記録的な大雨で、26日に新たな被害が確認され、千葉県と福島県で死者は計10人、行方不明者は計1人となった。台風15号、19号の被害の復旧作業が続く中、土砂崩れや多数の浸水被害が出ており、消防や県警などは排水作業や行方不明者の捜索に当たっている。

 両県や両県警によると、千葉県の死者は9人で▽千葉市緑区3人▽長南町と長柄(ながら)町各2人▽市原市と茂原市各1人。福島県は相馬市で1人が死亡、1人が行方不明になっている。このほか、千葉県茂原市で25日午後に「女性が自転車ごと川に流された」「冠水した道路で高齢男性が流されている」との110番があり、県警などが確認を急いでいる。

 千葉県長柄町立鳥では一宮川の氾濫で流された車内から見つかった男性(88)が死亡。長南町千手堂でも冠水した道路で立ち往生した軽トラック付近で運転手とみられる男性(81)の遺体が発見された。長南町岩川では男性(91)の遺体が軽乗用車から見つかり、長柄町鴇谷(とうや)でも男性(54)が車ごと川に流されたと父親から通報があり、遺体が見つかった。

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです